平成24年度畜産学科卒業生祝賀会
(共催:畜友会・大学院畜産学専攻・畜産学科同窓会・畜産振興会)

 畜産学科卒業証書授与式に引き続き祝賀会が挙行されました。本年度の畜産学科卒業生は204名で、それぞれが希望を胸に旅立っていきました。同窓会から恒例の鏡開き用の樽酒と一合枡が提供され、枡で一ッ杯を楽しむ者、記念に枡を持ち帰る者、と卒業生にはそれぞれ学生生活の最後の思い出が加わったものと思われます。


祝賀会において卒業生、畜友会委員長とともに (写真 左)
畜産学科同窓会からの記念枡 (写真 右)


ページの先頭へ



畜産学科同窓会賞授与(優秀卒業論文)

 平成25年3月21日、厚木キャンパスにて畜産学科卒業証書授与式が挙行されました。優秀卒業論文の表彰として本年度の畜産学科同窓会賞は、渡邉誠喜同窓会長より家畜生理学研究室の名和里奈さん(論題:ニホンウズラTAP2遺伝子の多系解析)に授与されました。


畜産学科学位記授与式において


ページの先頭へ



渡邉誠喜先生の瑞宝中綬章受章をお祝いする会のご報告

 平成25年3月10日(日)14時より,グランドプリンスホテル高輪にて開催された"渡邉誠喜先生の瑞宝中綬章受章をお祝いする会"を共催しました.
 当日は,東京農業大学 大澤貫寿 理事長・学長,同 鈴木昌治,河野友宏 両常務理事,同 三好吉清 校友会会長並びに,(公社)日本畜産学会歴代会長,(社)畜産技術協会動物遺伝研究所所長をお招きし,畜産学科同窓生を含め,総勢180名の皆様にお集まり頂き,たいへん盛会に開催されました.
 ご賛同下さいましたこと、誠に有難うございました.
 なお,当日撮影した写真はただ今整理中とのことでございます.ご希望の折は下記までご連絡下さい.


渡邉誠喜先生ご挨拶


渡邉誠喜ご夫妻 絆 (写真 左)
主催者とご夫妻 (写真 右)


              記

     家畜生理学研究室 半澤 惠
     FAX:046-270-6569
     E-mail:khanzawa AT nodai.ac.jp
                               以上

ページの先頭へ



渡邉誠喜先生が瑞宝中綬章を受章されました

 畜産学科同窓会々長 渡邉誠喜先生(昭和32年畜産学科卒業)が平成24年11月9日、皇居にて瑞宝中綬章を受章されました。
 家畜生理学研究室同窓会(きさらぎ会)より下記の通り祝賀会を開催するとの連絡を受けました。同窓会として共催を考えておりますので、多くの同窓生のご 参加をお願いいたします。
 なお、ご希望の方は下記にご連絡ください。


              記

日 時:平成25年3月10日(日)14時より,
場 所:グランドプリンスホテル高輪
連絡先:家畜生理学研究室 半澤 惠
     TEL:046-270-6567,FAX:046-270-6569
     E-mail:khanzawa AT nodai.ac.jp
                               以上

ページの先頭へ


畜産学科60周年記念モニュメントお披露目会

 平成24年10月20・21日、畜産学科60周年記念モニュメントのお披露目会が開催されま した。モニュメントは、畜産学科設立60周年を記念して同窓会が寄贈したもので、平山工房の平山先生、大貫先生により制作されました。当初、厚木キャンパ ス内に設置される予定でしたが、紆余曲折を経て平成24年4月に富士農場に設置されました。
 当日は、晴天に恵まれ、13:00に本厚木駅を出発し、途中で合流する参加者を迎えるため富士駅に立ち寄り、16:30に富士農場に到着しました。現地 に直接駆けつけた参加者を含めて、総勢20名でお披露目会の幕が開きました。
 富士農場に到着して間もなく、研修センターB棟2階の食堂にて同窓会長の渡邉誠喜会長より挨拶があり、これまでの経緯の説明がありました。

一同、顔合わせが済んだところで、いざモニュメントの元へ。
 除幕式は、新たに設置した趣旨の碑文を覆った幕が渡邉誠喜会長、石川喜代志前副会長に除幕され、参加者の前にモニュメントの全貌が明らかにされました。

この後に撮影された記念写真がこちらです。

 一通り、モニュメントを鑑賞した後、石川喜代志前副会長の乾杯の発声で、富士農場職員の方々に用意していただいたバーベキューを一同で楽しみました。原 ひろみ講師、黒澤亮助教からの畜産学科の現状報告などが一通り済み、2時間ほど経過したところで、参加者同士の話題の尽きないところではありましたが、 外気温も冷え込んで来たため中締めとし、宿泊する研修センターに場所を移すこととなりました。
 到着直後に集合した研修センターB棟に場所を移し、門司副会長の仕切りで参加者の自己紹介が始まりました。田島喜久馬副会長の挨拶から2次会の幕は切って落とされ、終始和やかな雰囲気の中夜は更けていきました。

 10月21日の朝8:00に朝食をいただいた後、野口龍生副農場の案内で富士農場施設を見学しました。当日は快晴で牧草地からも富士山をはっきりと見ることができました。

富士山を背景に撮影した写真がこちらです。

 10: 00、一同富士農場を堪能し、現地に直接駆けつけた参加者と別れ、参加者を乗せたバスは帰路に就きました。帰り道は、富士農場近くの道の駅朝霧高原に立ち 寄り、思い思いにお土産などを物色しました。この日の道の駅は観光客が多く詰めかけており、多いに賑わっておりました。その後、参加者を乗せたバスは、東 名自動車道の足柄SAに立ち寄り、おのおの昼食を摂りました。そして14:00、本厚木駅に到着し、解散との運びとなりました。
 この場をお借りしまして、農場実習対応直後の日程にもかかわらず、この会の運営にご協力いただきました、野口龍生副農場長をはじめとする富士農場職員の 皆様に厚く感謝申し上げます。

(文責 黒澤)

ページの先頭へ



畜 産学科創設60周年記念モニュメント
富士農場に建立される

 平成21年11月28日畜産学科創設60周年記念式典の折、渡邉誠喜同窓会会長より、モニュ メント壱基の贈呈(目録)を頂きながら大学の事情により設置場所が決定されず、作成されたモニュメントの一部は厚木キャンパス内畜産学科倉庫に納品・保管 されていた。ようやく平成23年11月9日学校法人より「富士農場に決定したとの連絡があったことにより、設置場所を富士農場正門近くの芝生上の位置に決 定し、平成24年4月14日に工事は完了した。
 なお、記念モニュメント建立の経緯については、「畜産学科60周年の歩み」に記載さされている。
 記念碑文には、渡邉同窓会会長書「歩み」とともに設立の趣旨が黒御影石に彫り込まれている。

(文責 門司恭典)

東京農業大学農学部畜産学科は昭和22年に千葉県茂原市に専門部畜産科として 発足し、昭和24年に農学部畜産学科 となり、昭和36年に世田谷キャンパスへ、平成12年に厚木 キャンパスへ移転。現在、7研究室を擁している。
このモニュメントは当学科創設60周年を記念し、その歩みと 国際的視野に立った動物生命科学と生産学に関する研究・ 教育の輝かしい未来を表現したものである。

平成21年11月吉日
寄贈 農学部畜産学科同窓会




ページの先頭へ